2024年02月17日

AIでなくなる職業・仕事

AIが侵透してきたら、世の中の職業・仕事はどうなるのでしょうか。
AIが侵透してきたら、なくなる職業を見ていきましょう。
<AIによってなくなる仕事例>

一般事務職

ルーティンワークが多く、突発的なタスクや柔軟な対応が求められるシーンが少ないことから、AIでも代替可能だと考えられています。

電車の運転手

電車内を完全に無人化するのは困難ですが、運転業務の負担軽減に伴い、車掌の業務を運転手が替わる可能性は十分にあるでしょう。

スーパー・コンビニの店員

完全な無人化は難しくても、レジ打ちや品出しはAIが行い、店員は接客業務に集中するといった分業制が予想されます。

銀行員

今後は、窓口業務や数字の確認作業、審査などの業務にもAIが導入されると考えられています。そのため、銀行員の仕事は、金融商品の提案や顧客へのヒアリングを始めとした、人でしか対応できない業務に絞られるでしょう。

警備員

近年は、センサーや監視カメラの技術向上で24時間365日の監視体制を備えられるようになっているため、警備に割く人員数の削減が予想されるでしょう。

ライター

文章の正確性や著作権の問題をはじめとした懸念事項もあるため、仕事が完全に奪われるか否かは、今後のAIの発展度合いに左右されるでしょう。

通関士

輸出入業者とのやり取りやイレギュラー対応に関しては人手が必要ですが、書類作成をはじめとした単純作業は将来的にAIに代替される可能性が高いでしょう。

会計監査

今まで時間がかかっていたデータ分析・チェック作業の分野がAIによって効率化されることで、人が行う会計監査の業務範囲は限定的なものになると考えられています。

タクシー運転手

駅から商業施設までの決まったルートはAIの自動運転タクシーが巡回し、有人タクシーの運転手は要介護者など手厚いサポートが必要な人のみを担当する、といったように利用者の需要に合わせた分担制が取られる可能性があります。

ホテル客室係

コールセンター業務

一般的な問い合わせはAI、クレームなど柔軟な対応が必要なものは人、といったように役割が分担されていくと考えられます。
posted by 7に縁がある税理士 at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする