2009年08月17日

マイナスを認識しない長女後継者は

こんにちは、本日は資金繰りキャッシュフローの延長でのお話をしていきます。

これは自分の見解で全員がそうだと決め付けるわけではないですが、一定の年齢を超えた独身女性に言えることですが、以下の特徴が往々にしてあると感じます。
@気が強い
A物事を自分の都合よく解釈する

マイナスや最悪を同年代の独身男性と比べてあまり意識しないどころか目をつぶっているようにもうかがえます。自分がこのブログで言いたいのはマイナスや最悪ばっかりを考えて落ち込んでいろというのではなく、現状把握の一貫でやる必要があり、そこから何をできるかを自分からだったり、付き合っている税理士から聞いてどれだけ早く気づけるかです。

ご自身で起業された女性経営者なら下手に都合よく考えていられない、生活できない事情があることがまだ事業継承した二代目・三代目といった女性経営者より感じられます。

もちろん代を継承した女性経営者がまったく何も意識していない、努力していないとも決めつける気はありませんが、継承した事業のマイナスを認識して事業開拓を本気で取り組めている方は意外に少ないんじゃないでしょうか。

それは自分の領域ではなく、ほかの従業員を使ってやらせるのもいいですが、事業開拓してきた従業員に十分な手当てを出したり、その従業員が退職した場合、その方が代わりにでもいい事業開拓を提唱したり、自ら行えますか。

引き継いだ最初の段階での高いステージがじりじりでも急激にでも下がっていく中、下がっていく売上利益を気にせず、まだプラスだからと都合よく考えて甘んじていてもいいんでしょうか。

特に世代交代で決まるような仕事だと5年10年先で顧客層も取引先層もだいぶ変わってきていつまでもマイナスはありえないと考え、何も対策はしなくていいんでしょうか。その時に気付いてやればいいんでしょうか。
posted by 7に縁がある税理士 at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

一定の年齢差のある方々との付き合いを

こんばんは、本日は「一定の年齢差のある方々との付き合いを」どこまでやるかについてお話ししていきたいと思います。

まず、仕事や何かの同業者同士の集まり・付き合いなどは同年代がいなかったりすることが意外に多かったりしますよね。これを自身のプライベートにまで持ち込むかどうかでその人の人間関係が浮き彫りになったりしますよね。

すなわち「同年代にはいないタイプ」にされ、特別視されやすくなるんじゃないでしょうか。ごく稀にそういった方々と接する機会があったりします。
たぶんこういった方々と個別にやり取りしてうまく行ったり、一緒に何かを作り上げれる可能性は低い気がします。

例えば、うまく評価されれば何かの代表者になったりする代わり、同窓会で知り合う中では一番出遅れていたり、皆がやっていることができていなかったりするんじゃないでしょうか。

自分はやはり選べるなら同年代・同性の税理士や商売人が集まる付き合いを最優先したいです。

http://www.109707.com/
posted by 7に縁がある税理士 at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

夏休みの行事

004.JPGこんにちは、去年この時期実家に帰り、甥っ子と夏祭り、蝉取りを一緒にやりましたが、今年は姪っ子も加わり、夏祭り、蝉取りに一緒に行きました。

実家の近所に同じ日に夏祭りをやっている場所が二つあり、両方とも行き、二人がほしいおもちゃを買ってあげました。
甥っ子は去年「あれ買って、これ買って」と言いながら飲食物をよく残すわがままぶりだったのですが、今年は必要な物しか要求せず飲食物も残しませんでした。

翌日の蝉取りでは去年4匹しか取れなかったので今年は目標5匹以上を狙ったらなんと!今年は8匹もとれました!
ほとんどが甥っ子が指示する場所を網持って追いかけてとるのは自分の役目でした。
帰り際お土産に持ち帰っていく姿は嬉しそうでした。

今回は姪っ子がブランコを気に入り、聞き分けが悪い印象でした。
子ども二人でも大変なのに3人になるともっと大変そうですね!

ただしばらくは充実した二日間でした。
posted by 7に縁がある税理士 at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする